忍者ブログ

また、あした。

小説書いたり読んだり、絵を描いたり、音楽作ったり、動画作ったりしている創作人間のブログ。

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕がマイクを持って向かうから きみはそこに居てくれていいんだよ。

(RADWIMPS 「One man live」)




さいきん、RADWIMPSが好きです。

いや、だいぶ前からなんですが笑

勉強中に聞くのですが (歌いながら英訳問題やったり論文書いたりする音楽別脳人間) 気がつくと5枚目のアルバム「アルトコロニーの定理」をへびーろーてしたりします。




いつだったか、どこかの店のBGMで、

「誰も端っこにならないように 世界はまるい」

って感じの歌詞を聞いて、ああ、なんかいいなと思ってました。

誰の曲かも分かんないし、他で聞いたことなかったし、歌詞うろ覚えだし、どうしようもないので頭の片隅で忘れかけてました。



んで、たまたま友人に勧められてRADWIMPSのCDを借りて聞いてみたら。



「誰も端っこで泣かないようにと 君は地球を丸くしたんだろう?
 だから君に会えないと僕は 端っこを探して泣く 泣く」

(RADWIMPS 「有心論」)


あったぁーーーっ Σ(-Д-;)!
これだああ!

しかも覚えてたのと歌詞の意味ぜんぜん違うー!


運命の出会いをしました♪(・ω・`)




独特の世界観があって、聞いているとなんだかわくわくします。

もちろん「有心論」とか「One man live」みたいに、真直ぐ意思を伝えようとする曲も好きですが、

とくに、「揶揄」「おしゃかしゃま」「へっくしゅん」「ソクラティックラブ」とか、ちょっと斜に構えた感じの暗めのやつが好きです。
メロはラップに片足突っ込んでる雰囲気。

「おしゃかしゃま」の演奏なんかはジャズのアドリブを聞いているような雰囲気のカッコよさです。




今の時点で(2009年11月10日)アルバム5枚でてるんですが、どんどん歌詞が精錬されてる気がします。

言葉の並べ方がすごく素直になったというか。
最初は、伝えたいことは分かるけど、歌詞っぽく? 書こうとして、なんか言葉がスタイリッシュじゃないよなあ(・ω・`) なんて思ってたので。


曲調自体も好きで、声も好きです(←基本的に声が気に入らないと聞かない

何とも言えない力の抜けっぷりが(笑
聞いてて何のストレスもない感じです。


初期は声でばんぷのふじわらさんと間違えたこともあります。今は間違えませんがw
RADWIMPSの曲聴いてBUMP OF CHICKENの新曲かと思ったり(←たぶんその時期バンプに飢えていた

ふとした瞬間の歌い方と声がちょっと似てます。






注)アルバムしか知らないので、どれがシングルでどれが有名でとか知りませんのであしからず。





おすすめというより、たまには聞いてる歌の紹介でもしようかと思いまして(・ω・`)

これから本気の論文期間で音楽ばっか聞くようになる気がするので、ちょくちょくこれをやるかもしれません。






んで、最後に、どうしても答えの出ない感じの問いかけ。

「顔が半分に 腕が二、三本に 眼が五等分にちぎれちゃって

 脳みそが隣人に 声が宇宙に アレが人参に

 変わっちゃっちゃったとしても 君は僕だと言えるの?

 僕の何が残っていれば僕なのだろう?」

(RADWIMPS 「ソクラティックラブ」)





……何が残ってたらいいんだろう(・ω・`)

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

この記事へのトラックバック

トラックバックURL:

カウンター

コメント

[03/29 麻葉紗綾]
[12/18 夜天 夕羽]
[06/16 夜天 夕羽]
[12/13 桐谷瑞香]
[05/25 トリハル]

プロフィール

HN:
早村友裕
HP:
性別:
非公開

web clap!


ラクガキたち。
<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- また、あした。 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]